web春秋 はるとあき

春秋社のwebマガジン

MENU

メールマガジン Vo.018

※HTML版はこちらをご覧ください。

------------------------------------------------
春秋社 メールマガジン 【Vol.018】

            2020年7月2日配信
------------------------------------------------

■目次■
▼トピック「じんぶん堂」スタート!
▼新刊案内(5・6月刊行)
▼近刊案内(7月刊行予定)
▼重版情報
▼webマガジン「web春秋 はるとあき」
▼編集後記


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎トピック◎「じんぶん堂」スタートしました!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
出版社と朝日新聞社による、“人文書の魅力を発信していくプロジェクト”「じんぶん堂(powered by 好書好日)」に、このたび小社も参加することとなりました! 著者による読み物や、現代を生きるすべての方々にぜひともお読みいただきたい小社書籍をご紹介していきます。※毎週木曜日更新

◇最新回◇「今、ホットな仏教 〈仏教3.0〉の思いがけない展開(上)」 → https://book.asahi.com/jinbun/article/13485825


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆新刊案内(5・6月刊行)☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(5月)
●碧巌の峰
木村太邦 著
四六判/240頁/2200円
【内容】禅の代表的な語録『碧巌録』百則を、当代随一の禅僧が提唱。『碧巌の森』に引き続き、第56則から第72則までを熱く語る。禅の生きざまを求める人々に贈る、必読の書。
https://www.shunjusha.co.jp/book/9784393144367.html
-------------------------------------------------
●旧約聖書の政治史 ――預言者たちの過酷なサバイバル
古田博司 著
四六判/376頁/2700円
【内容】モーセからエレミヤまでの預言者の叫び、怒り、嘆きに耳を傾け、ソロモンの栄華の実態など聖書の裏に潜む真実を暴いて、大国に挟まれ翻弄される古代イスラエルの悲哀を明らかにする社会科学の視点。
https://www.shunjusha.co.jp/book/9784393323861.html
-------------------------------------------------
●グルーヴ! ――「心地よい」演奏の秘密
堀米ゆず子/鈴木 学/上野 真/池松 宏/岡田全弘/池上 亘/吉田 將/矢部達哉/下野竜也/小曽根 真 著  山田陽一 編
四六判/416頁/2700円
【内容】クラシックに「グルーヴ」は存在するのか? 音楽体験の本質を追求する音響人類学者が、プロの演奏家10名にインタビュー。感動や快感を生み出す「心地よさ」の正体に迫る。
https://www.shunjusha.co.jp/book/9784393935002.html

 

(6月)
●訳注 声字実相義
松長有慶 著
四六判/184頁/2500円
【内容】真言密教において重要な問題、音声・文字と仏・真理との関係について論じた空海の代表作の一つに、仏教用語から出典まで丁寧な解説を加え、わかりやすく読解した決定版。
https://www.shunjusha.co.jp/book/9784393113486.html
-------------------------------------------------
●増支部経典 第八巻 原始仏典III
中村 元 監修  前田專學 編集  林 隆嗣 訳
A5判/434頁/7000円
【内容】「沙門であるという認識」「的を射ていること」「人」「追憶」など、第10集第11章以降および第11集を収録。
https://www.shunjusha.co.jp/book/9784393113585.html
-------------------------------------------------
●今ここをどう生きるか ――仏教と出会う
塩沼亮潤/横田南嶺 著
四六判/200頁/1500円
【内容】コロナの時代をこえてどう生きるか。禅と千日回峰行の二人の仏教者が徹底対論。自らの出家のわけ、〈行〉ということ、今この〈世界〉をどう生きて死ぬか、そして仏教のちからとは。示唆豊かに語る。
https://www.shunjusha.co.jp/book/9784393134177.html
-------------------------------------------------
●シンプルなクローゼットが地球を救う ――ファッション革命実践ガイド
エリザベス・L・クライン 著  加藤輝美 訳
四六判/264頁/1800円
【内容】リセールや修理のコツから、環境改善運動の方法まで。衣類の大量生産・大量廃棄の現状を告発した『ファストファッション』の著者が贈る、あなたと地球を輝かせるガイド。
https://www.shunjusha.co.jp/book/9784393333761.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★近刊案内(7月刊行予定)★  https://www.shunjusha.co.jp/search/next.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『菩薩とはなにか』
平岡 聡 著/四六判/2500円
仏教における「菩薩」とは、いったい誰か。大乗仏教の理想とされながら、知られることが少なかったその全容を、初めて体系的に分かりやすく提示する画期的な論考。

『五輪と万博 ――開発の夢、翻弄の歴史』
畑中章宏 著/四六判/1900円
計画変更、延期、そして中止…。波乱に満ちた巨大イベントが映しだす夢と現実の相克、都市・郊外に刻まれた変貌の記憶。気鋭の民俗学者がたどるダイナミックな社会史!

『ソクラテスとイエス ――隣人愛と神の論理』
八木雄二 著/四六判/4500円
プラトン以来誤解にまみれたソクラテスの実像を探求し、西洋思想を理解するに必須の前提知識をちりばめ、ソクラテスとイエスがともに説いた隣人愛と神の論理を明らかにする。

『〈メイド・イン・ジャパン〉の食文化史』
畑中三応子 著/四六判/2000円
舶来モノに夢中だった日本人が「国産」を重視する時代。一体何が起きたのか? 食材から家畜感染症対策、メディア事情までを辿り、食意識の変遷を追うスリリングな近現代史。

『チャールズ・バーニー 音楽見聞録〈ドイツ編〉』
小宮正安 訳/四六判/7000円  
18世紀イギリスの音楽学者による、当時のヨーロッパ音楽文化の息吹を今に伝える比類なき記録(全2巻)。ドイツの諸都市を巡り、各地の音楽の現状をくまなく調査した。

『バッハ インヴェンチオのコスモロジー』
丸山桂介 著/A5判/2500円
ピアノ学習の登竜門『インヴェンション』に込められたバッハの真の意図とは? バッハ作品に意図された聖書の世界とその神学的意味、独自の作曲技法を解き明かす。

(※刊行時期は変更となる場合がございます。)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆重版情報☆  https://www.shunjusha.co.jp/news/n35535.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

~祝~ 第51回大宅壮一ノンフィクション賞&第8回河合隼雄学芸賞 ダブル受賞!

●チョンキンマンションのボスは知っている ――アングラ経済の人類学
 小川さやか 著/四六判/276頁/2000円/好評8刷出来

香港のタンザニア人ビジネスマンの方法論に、日本の未来を考えるヒントを探る! → https://www.shunjusha.co.jp/book/9784393333716.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★webマガジン「web春秋 はるとあき」★  https://haruaki.shunjusha.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★新連載★
「疫病論」西谷 修
https://haruaki.shunjusha.co.jp/categories/881
新型コロナウイルスの混乱の中、「疫病」を軸に、〈医学〉を歴史・社会・思想の観点から考察する。


☆Close-up! この一冊☆
『ベートーヴェンの愛弟子』(かげはら史帆 著)
https://haruaki.shunjusha.co.jp/posts/3466

『鈴木大拙』(蓮沼直應 著)
https://haruaki.shunjusha.co.jp/posts/3708


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□編集後記□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 このたびの新型コロナウイルス感染症に罹患された方々とそのご家族、関係者のみなさまに謹んでお見舞い申し上げますとともに、医療機関や行政機関の方々など、感染拡大防止に日々ご尽力されているみなさまに深い謝意を表します。
 小社も3月末より臨時休業や営業時間の短縮など、感染拡大の防止に努め、対応をおこなっておりましたが、6月より通常の営業を再開いたしました。
 感染拡大防止と経済活動とのバランスの問題もありますが、今回の感染症はわたしたちの暮らし方、働き方の再構築を強く迫り、さまざまなことを考え直さざるを得ない状況を生み出しました。そういったなかで、出版業に何ができるのか。いままさにその真価が問われています。電子書籍も含め、こんなときに、こんなときだからこそ、「読まれるもの」「読みたい本」をみなさまにお届けできるよう、今後も一層の精進に努めてまいります。
 「ウィズコロナ」という単語も聞かれるようになりましたが、ウイルスとの闘いはこれから、長く続いてゆくことになると思われます。一日も早い新型コロナウイルス感染症の終息と、みなさまのご健康を、心よりお祈り申し上げます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□春秋社 メールマガジン□ 毎月1回配信

発行:株式会社 春秋社
〒101-0021 東京都千代田区外神田2-18-6
Eメール: info@shunjusha.co.jp
ホームページ: http://www.shunjusha.co.jp/
Twitter: https://twitter.com/shunjusha/
web春秋 はるとあき: https://haruaki.shunjusha.co.jp/

◆書籍のご注文はお近くの書店か小社営業部にお願いいたします。
(TEL:03-3255-9611 FAX:03-3253-1384)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■バックナンバー
【Vol.016】https://haruaki.shunjusha.co.jp/posts/3872
【Vol.017】https://haruaki.shunjusha.co.jp/posts/3873

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※このメールは、以下の方に配信しております。
・春秋社ウェブサイトほかにて2020年6月28日までにメールアドレスをご登録いただいた方
・2020年6月23日までに小社に届いた、愛読者カードにメールアドレスをご記入いただいた方

■配信登録・解除はこちらから
https://www.shunjusha.co.jp/company/cc1920.html

タグ

バックナンバー

キーワードから探す

お知らせ

ランキング

  1. 春秋社ホームページ
  2. web連載から単行本になりました
閉じる