web春秋 はるとあき

春秋社のwebマガジン

MENU

メールマガジン Vo.036

※HTML版はこちらをご覧ください。

------------------------------------------------
 春秋社 メールマガジン【Vol.036】
    2022年 2月 1日配信
------------------------------------------------
 巻頭言!
 1月22日、ベトナム出身の禅僧ティク・ナット・ハン師の訃報に接した。弊社が師の著書の翻訳『微笑みを生きる』を刊行したのは1995年で、師の初来日に合わせたものだった。私も一日だけだが、朝からリトリートに参加し、師のお顔をじかに拝見することができた。「微笑み」を強調する師であるが、そのときはむしろ少し暗い、鋭敏な人という印象を持った。折しもオウム真理教事件直後であり、プレス・カンファレンスでは、宗教の危険性についてかなり突っ込んだ質問が飛びだしたのを憶えている。師は、その時点ではオウム事件を知らなかったからだろうが、少し困惑したような表情を見せた。しかし誠実に答えてくださり、よき宗教か悪しき宗教かはその行動でわかる、といったことをおっしゃった。イエスの「悪い実を結ぶ良い木はなく、また、良い実を結ぶ悪い木はない。木は、それぞれ、その結ぶ実によって分かる」(ルカ6:43-44)を想い起こさせる言葉である。師がキリスト教にも造詣が深いことは、次に手がけた『生けるブッダ、生けるキリスト』で存分に知ることになるが、同時にこの言葉は、師の焦点が「行動」にあることも如実に示していた。
 現在、ティク・ナット・ハン師は何より「マインドフルネスを世界にひろめた人」として知られているだろう。しかし最初に日本に紹介された師の著作が『火の海の中の蓮華――ベトナムは告発する』(読売新聞社)であったように、また師のモットーが「エンゲイジド・ブディズム(社会と関わり行動する仏教)」であるように、師は静的な瞑想の人であるとともに「行動」の人であった。
 師は1926年の生まれだ。フランスの植民地時代から日本軍の仏印進駐(1940-1941)を含む太平洋戦争を体験し、それが終わるとすぐフランスからの独立戦争(第一次インドシナ戦争)、さらに南北ベトナム分断とゴ・ディン・ディエム政権の仏教弾圧、そして凄惨なベトナム戦争とつづき、そのあげくが祖国からの帰国拒否である。
 つまり師の前半生はつねに戦争と圧政のなかにあった。ベトナム戦争時の反戦・平和活動は壮絶で、多くの友人・知人が死に、師自身も事務所に爆弾をしかけられ、間一髪で難を逃れたこともあったという。友を亡くし、その遺体をいだいたときの静かな慟哭は、『微笑みを生きる』の訳者あとがきで訳されている「メッセージ」という詩からもありありと伝わってくる。
 師の仏教は決して安全圏で瞑想に耽り、言葉を弄ぶものではなかった。数多くの苦難に遭い、行動し、傷だらけになりながら確立されたものだった。その背後に深い悲しみを秘めた笑顔で、師が今日の仏教者に問いかけるのは、「あなたはいかに行動するのか」――これであろう。(K2)
------------------------------------
■目次■
▼webマガジン「web春秋 はるとあき」
▼「じんぶん堂」好評連載中!
▼新刊案内(1月刊行)
▼近刊案内(2月刊行予定)
▼ネット決済はじめました!
▼編集後記


━━━━━━━━━━━━━━━━
☆webマガジン「web春秋 はるとあき」☆  https://haruaki.shunjusha.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━
〇好評連載〇
〇「音楽を描く言葉と身体 ――ふるまいのアナリーゼ」 吉川侑輝
【第2回】ピアニストの超え方 ――グレン・グールドのクオドリベット → https://haruaki.shunjusha.co.jp/posts/5544
------------------------------------
〇「戦後を譲りわたす--日本の「モダン・ムーブメント」建築史」 岸 佑
【第1回】人間のための建築 ――鎌倉文華館 鶴岡ミュージアム → https://haruaki.shunjusha.co.jp/posts/5542
------------------------------------
●新連載●
〇「アルス・ピヤニカ ――鍵盤ハーモニカの楽堂」 南川朱生(ピアノニマス)
SNSやメディアでいま大注目のプロ鍵盤ハーモニカ奏者が、長年蓄積した研究の集大成を紹介。
【第1回】鍵盤ハーモニカの旅へ → https://haruaki.shunjusha.co.jp/posts/5522


━━━━━━━━━━━━━━━━
★「じんぶん堂」好評連載中!★
━━━━━━━━━━━━━━━━
出版社と朝日新聞社による、“人文書の魅力を発信していくプロジェクト”「じんぶん堂(powered by 好書好日)」では、著者みずから語る刊行書籍紹介や読み物など、魅力的な内容を毎週お届けしています。ぜひご覧ください! ※毎週木曜日更新
◇1月6日 公開◇
日本人はどんなふうに〈病〉を治してきたのか? 身近で切実な問題を問い直す『医療民俗学序説』→
https://book.asahi.com/jinbun/article/14499613
--..--..--..--..--..--..--..--..--..--
◇1月13日 公開◇
「災厄」の歴史から「厄災」の感情史への道を開く『医療民俗学序説』→
https://book.asahi.com/jinbun/article/14499649
------------------------------------
→ 書籍はこちらから『医療民俗学序説 ―― 日本人は厄災とどう向き合ってきたか』
https://www.shunjusha.co.jp/book/9784393291368.html


━━━━━━━━━━━━━━━━
☆新刊案内(1月刊行)☆
━━━━━━━━━━━━━━━━
●インド新論理学派研究序説
和田 壽弘 著
A5判/272頁/22,000円
インド哲学六派であるニヤーヤとヴァイシェーシカの伝統を受け継ぎ14世紀に確立された新ニヤーヤ学派の特徴を、論理関係を図式化し、そこに使われる述語を解説して示す。
https://www.shunjusha.co.jp/book/9784393112809.html
------------------------------------
●訳注 弁顕密二教論
松長 有慶 著
四六判/224頁/3,080円
法身説法・果分可説の点から、唐から持ち帰った密教が仏教の中で最も勝れていることを喧伝した、空海の初期の代表作に丁寧な解説を加え、わかりやすく読解した決定版。
https://www.shunjusha.co.jp/book/9784393113509.html
------------------------------------
●仏菩薩の名前からわかる 大乗仏典の成立
田中 公明 著
四六判/376頁/口絵1/3,300円
大乗経典の冒頭にあげられる菩薩に焦点を当て、主要な大乗経典の成立史を論じ、在家菩薩の活躍から大乗仏教の成立にもふれた画期的な論考。
https://www.shunjusha.co.jp/book/9784393134542.html
------------------------------------
●美しく豊かに生きる ――阿難さまと道元禅師「八大人覚」
青山 俊董 著
四六判/210頁/1,870円
美しく豊かに凛として生きるために。いまコロナ禍をこえて、人はどう生きるべきか。老いと病を見据え、当代随一の禅僧があなたに贈る、心に響く人生の処方箋。
https://www.shunjusha.co.jp/book/9784393134559.html
------------------------------------
●法句経 真理の言葉〈新装版〉
山田 無文 著
四六判/248頁/2,420円
稀代の禅師が、釈迦の言葉に最も近いとされる経典『法句経』から名句を選び、流麗な訳文とともに、現代の逸話と重ねあわせて優しく語りかける名講話集。
https://www.shunjusha.co.jp/book/9784393144411.html
------------------------------------
●修証義の仏教〈新装版〉
水野 弘元 著
四六判/240頁/2,420円
『正法眼蔵』から道元の教えを抽出した『修証義』。仏教の目的から利他・報恩の生活といった仏教徒の根本精神と実践をわかりやすく解説した格好の仏教入門書。
https://www.shunjusha.co.jp/book/9784393152317.html
------------------------------------
●現代語訳 修験道聖典 ――『役君形生記』『修験指南鈔』『修験修要秘決集』
宮家 準 著
A5判/328頁/4,620円
中世後期の修験道確立期における役行者伝、熊野や大峰の神格と霊地、峰入などの儀礼
を中心とする教えを知るために必須の聖典「修験五書」のうち三書を初の現代語訳。
https://www.shunjusha.co.jp/book/9784393291351.html
------------------------------------
●ニーチェの道徳哲学と自然主義 ――『道徳の系譜学』を読み解く
ブライアン・ライター 著   大戸 雄真 訳
四六判/624頁/5,280円
ポストモダンのニーチェ理解は間違いだ! 詳細な読解から、真理を否定したり価値相対主義で力を求めたのではないニーチェの真実をあぶりだす英米のニーチェ研究最前線。
【内容HTML用20字】 真実をあぶりだすニーチェ研究最前線!
https://www.shunjusha.co.jp/book/9784393323908.html
------------------------------------
●環境が芸術(アート)になるとき ――肌理の芸術論
高橋 憲人 著
四六判/240頁/口絵8/2,860円
環境や人間の知覚、そして芸術創造に通底する「肌理/テクスチャ」へのアプローチをとおして、知覚と創造とがつねに往還をつづけるエコロジカルなプロセスを考察する。
https://www.shunjusha.co.jp/book/9784393333884.html
------------------------------------
●リズム ――美しい演奏をデザインする
藤原 義章 著
A5判/152頁/2,420円
音楽表現はリズムが命。長年の演奏・指導経験から自然リズムでデザインする演奏法を実践してきた「美的演奏」の理論。あなたの演奏と、仲間とのアンサンブルが一層充実する。
https://www.shunjusha.co.jp/book/9784393936061.html
------------------------------------
*今月の営業部イチオシ本*
●ショパン・コンクール 1927-2000 ――若きピアニストたちのドラマ
佐藤 泰一 著
四六判/376頁/2,970円
16年ぶりの日本人入賞に沸いたショパン国際ピアノ・コンクール。その華やかなステージと舞台裏では何が起こっていたのか。組織・審査員・審査基準・課題曲・選考過程・入賞者・後日談など。激動の20世紀、70余年の変遷を綴ったドキュメント、待望の復刊!
※この書籍は2005年に刊行された『ドキュメント ショパン・コンクール ――その変遷とミステリー』(春秋社)の改題新装版です。
https://www.shunjusha.co.jp/book/9784393930427.html


━━━━━━━━━━━━━━━━
★近刊案内(2月刊行予定)★  https://www.shunjusha.co.jp/search/next.html
━━━━━━━━━━━━━━━━
『心を磨く ――まごころの風景』
安田 暎胤 著
四六判/226頁/2,200円
どのように心を磨くか。「凡夫の心・仏法の心」を五十音から一語づつを選んで、滋味豊かに語る唯識的仏教エッセイ。ジワリと身心に沁みる「心の万華鏡」。
------------------------------------
『瞬間と刹那 ――二つのミュトロギー』
木岡 伸夫 著
四六判/340頁/3,960円
西洋的瞬間と東洋的仏教的刹那に関するミュートス(神話)とロゴス(論理的思考)、「ミュトロギー」を比較し、現在支配的な瞬間を相対化して新たな時間的地平を目指す。
------------------------------------
『「絶対矛盾的自己同一」と何はか ――続・「西田哲学」演習』
黒崎 宏 著
四六判/248頁/3,520円
世界哲学の基底をなす西田幾多郎の「絶対矛盾的自己同一」を、井筒俊彦ら多彩な論考の渉猟と、プロティヌス、道元、アインシュタインなど様々な思想・科学の分析から解明。
------------------------------------
『世界を喰らう龍・中国の野望』
ピエール=アントワーヌ・ドネ 著  神田順子 監訳
四六判/352頁/2,750円
いまや世界最大の問題児・中国。ウイグル・チベットの人権問題や政治体制から環境破壊・拡張主義など、問題を総合的にとらえ、対策を考える老練のジャーナリストの意欲作。
------------------------------------
『フランクルの臨床哲学 ──ホモ・パティエンスの人間形成論』
岡本 哲雄 著
A5判/428頁/4,950円
〈アウシュヴィッツ〉を生き延びたフランクルの哲学が歴史に応答したこととは何か──ホモ・パティエンスという人間理解から、《教育の倫理》を探る本格的研究書。
------------------------------------
『女に産土(うぶすな)はいらない』
三砂ちづる 著
四六判/260頁/2,090円
女にとってふるさととは? 血縁・地縁を離れてなお、暮らしを整えてきた女たちの、たしかなしたたかな姿。祈りと献身に連なる女性性を、鮮やかにあたたかに語りなおす。

(※刊行時期は変更となる場合がございます。)


━━━━━━━━━━━━━━━━
◎ ネット決済はじめました!◎
━━━━━━━━━━━━━━━━
 このたび、小社ウェブサイトでのご注文にクレジットカード決済をご利用いただけるようになりました! サイト上にてご注文から決済まで完結する便利なサービスです。ぜひご利用ください。くわしくは「インターネットからのご注文ガイド」https://www.shunjusha.co.jp/news/n43787.html をご確認ください。


━━━━━━━━━━━━━━━━
□編集後記□
━━━━━━━━━━━━━━━━
 まもなく北京2022オリンピックが開幕します。2008年に開かれたばかりでは、と思いますが今回は“冬”季五輪。同一都市で夏冬の両季オリンピックが開催されるのは世界初のことです。通常であれば春節とも重なり大いに盛り上がるはずでしたが、新型コロナウイルス感染症の影響が暗い影を落としています。加えてアメリカをはじめとした各国が政府の代表団を派遣しない、いわゆる“外交ボイコット”も話題となりました。
 世界第2位の経済大国であり、軍事大国となった中華人民共和国。その影響力は年々その強さを増すばかりですが、ウイグルやチベットなどの人権問題、その政治体制や環境破壊など深刻な問題をいくつも抱えています。世界はどのように中国とつきあっていけばよいのか。近刊『世界を喰らう龍・中国の野望』は、フランスのジャーナリストが山積する問題を総合的に捉え、対策を考える意欲作です。国際社会にとって中国がどのような存在であるか、いま知っておくべき“中国との向き合い方”を考察します。

 巻頭言にもありますとおり去る1月22日、禅僧であるティク・ナット・ハン師がベトナム中部フエの寺院にて逝去されました。95歳でした。生涯を通して執筆した瞑想やマインドフルネスに関する著作は100冊以上にのぼり、小社も多くの翻訳本を刊行しています。昨年新たに刊行した『沈黙 ――雑音まみれの世界のなかの静寂のちから』は、こころの雑音を消すことで自由と幸福に耳を傾けることができると説く、師の50年を超える仏教指導が凝縮された一冊です。「はじめに」において師はわれわれに語りかけます。「美しいものの呼び声に耳を澄まし、それに応えるためには、沈黙が必要です」と。コロナ禍のいまだからこそ、心を落ち着かせ、自分自身と深く向き合う時間の大切さが身にしみます。
 物理的なさまざまな雑音に惑わされ、精神的な雑音のなかで苦しむことが多い情報過多の現代。どうかみなさまの心が穏やかでありますように。新型コロナウイルス感染症の収束を願い、みなさまのご健康を心よりお祈り申し上げます。(A)

━━━━━━━━━━━━━━━━
□春秋社 メールマガジン□ 毎月1回(月末ごろ)配信
※次号(Vol.37)は2・3月合併号となります。配信は3月下旬を予定いたしております。

発行:株式会社 春秋社
〒101-0021 東京都千代田区外神田2-18-6
Eメール: info@shunjusha.co.jp
ホームページ: https://www.shunjusha.co.jp/
Twitter: https://twitter.com/shunjusha/
web春秋 はるとあき: https://haruaki.shunjusha.co.jp/

◆表示価格はすべて税込です
◆書籍のご注文はお近くの書店か小社営業部にお願いいたします
(TEL:03-3255-9611 FAX:03-3253-1384)
━━━━━━━━━━━━━━━━
■バックナンバー
【Vol.034】https://haruaki.shunjusha.co.jp/posts/5462(2021年11月29日 配信)
【Vol.035】https://haruaki.shunjusha.co.jp/posts/5558(2021年12月28日 配信)
━━━━━━━━━━━━━━━━

※このメールは、以下の方に配信しております
・春秋社ウェブサイトほかにて2022年1月26日までにメールアドレスをご登録いただいた方
・2022年1月24日までに小社に届いた愛読者カードにメールアドレスをご記入いただいた方

■配信登録・解除はこちらから
https://www.shunjusha.co.jp/company/cc1920.html

タグ

バックナンバー

閉じる