web春秋 はるとあき

春秋社のwebマガジン

MENU

人と鳥の文化誌 細川博昭

古来、人の営みのそばにはつねに鳥の存在があった。我々にとって鳥とは何なのか。宗教、信仰、伝承、芸術、利活用などを軸に、人と鳥の関わりの様相を広く俯瞰する。

 

関連書籍

鳥を識る なぜ鳥と人間は似ているのか

細川博昭著

タグ

著者略歴

  1. 細川博昭

    作家。サイエンス・ライター。鳥を中心に、歴史と科学の両面から人間と動物の関係をルポルタージュするほか、先端の科学・技術を紹介する記事も執筆。おもな著作に、『鳥を識る』(春秋社)、『身近な鳥のすごい事典』(イースト・プレス)、『江戸時代に描かれた鳥たち』『知っているようで知らない鳥の話』『鳥の脳力を探る』『身近な鳥のふしぎ』(SBクリエイティブ)、『大江戸飼い鳥草紙』(吉川弘文館)、『うちの鳥の老いじたく』(誠文堂新光社)、などがある。
    日本鳥学会、ヒトと動物の関係学会、生き物文化誌学会ほか所属。

キーワードから探す

お知らせ

ランキング

  1. 春秋社ホームページ
  2. web連載から単行本になりました
閉じる