web春秋 はるとあき

春秋社のwebマガジン

MENU

植物考 藤原辰史

人間にとって植物とは何か。いや、それ以前に植物にとって人間とは何かが問われるべきかもしれない。農業や食の歴史を繙いてきた著者が人間世界と植物の交歓、拮抗、融合について思索。隔月連載。

タグ

著者略歴

  1. 藤原辰史

    1976年生まれ。京都大学人文科学研究所准教授。専門は農業史、食の思想史。2006年『ナチス・ドイツの有機農業』で日本ドイツ学会奨励賞、2013年『ナチスのキッチン』で河合隼雄学芸賞、2019年日本学術振興会賞、同年『給食の歴史』で辻静雄食文化賞、『分解の哲学』でサントリー学芸賞を受賞。『カブラの冬』『稲の大東亜共栄圏』『食べること考えること』『トラクターの世界史』『食べるとはどういうことか』ほか著書多数。


閉じる